幼稚園・保育園検索
ハピマ!キッズモデルオーディション
絵本のチカラ
手作りおもちゃ
レディママスタイル
ハピマ!読者プレゼント
いーみる
はい!チーズ。ハピマ!撮影会で撮影した写真はこちらのサイトからご購入できます!
オリジナルクッキングレシピ
クーポンスタイル
鶴原液化ガス株式会社
城島高原パーク

絵本のチカラ

  〜子育てをより豊かに〜
絵本を開けば見えてくる子どもの気持ち・・・
ママの悩みを解決へと導いてくれる絵本を先輩ママ前園さんがコーディネートします。

プロフィール
前園淳子さん
36歳と39歳のお子さんを持つ先輩ママ。
子どもの絵本専門店『エルマー』オーナー
日本子どもの本研究会会員
春日市子ども文庫サークル連絡会会長
子どもの本専門店 エルマー
住所/春日市春日原東町3-16
TEL/092-582-8639


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Question
 この春、福岡から県外へ引越すことになりました。初転勤なので私自身、不安です。
幼稚園が大好きな子どもも、お友だちや先生方とのお別れが嫌で、この話題になると泣き出してしまいます。

Answer
 初めての転勤は、不安ですよね。私の長男は、幼児期に3回の転勤を経験しました。夫の仕事のためとはいえ、やっと慣れた頃に転勤が決まるので辛かったです。
でも、ここで私が愚図るわけにはいきません。引越すたびに、パパがどんなにお仕事を頑張っているかを語って聞かせました。「パパが頑張っているからいろんな所へ行けるのよ!」と。
 もし、子どもにお友だちができなかったら?…不安はつきませんが、マイナスに考えるより「どんな楽しいことが待っているんだろうね!」とプラスに考えてみませんか。
ママが悲しいと子どもも悲しくなるもの。「新しい友だちができるよ!」「○○遊園地があるらしいから行ってみようか」そんな言葉かけをしながら、お子さんの心を楽しさでいっぱいにしてあげてください。
 不安な気持ちに負けそうな時は『さよならまたね』という絵本を開いてみてください。仲良しのクッキーが引越してしまうと知った「ぼく」は、最高のメッセージを伝えるために、出発するクッキーのもとへと走ります。
お別れが悲しいのは自分だけじゃない、それに気がつき相手を思いやる時、子どもはまた一つ成長するのです。どんなに離れていても気持ちは繋がるもの…大切なことを改めて教えてくれます。
 『とん ことり』は、新しい環境への期待感が膨らむとっておきの一冊。知らない町へやってきたかなえのもとに「とん ことり」音がするたびに、お花やお手紙が届きます。
「誰だろう?」きっとお子さんは、かなえと共感しながら新しいお友だちとの出会いを心待ちにするはずです。子どもはママが考えているよりもずっと、前へ前へ歩いていこうとする強い想いを持っています。大丈夫!プラス思考でいきましょう。
福岡で得た素敵な思い出が消えることはありません。
ずっと皆さんの心の中で輝き続けますよ。。

★一期一会の素晴らしさを伝えたいママへ★

『とん ことり』
作/筒井 頼子 絵/ 林 明子
福音館書店/840円(税込





『ぼくとクッキーさよなら またね』
作・絵/かさい まり
チャイルド本社/1,050円(税込



絵本のチカラ

   〜子育てをより豊かに〜
絵本を開けば見えてくる子どもの気持ち・・・
ママの悩みを解決へと導いてくれる絵本を先輩ママ前園さんがコーディネートします。

プロフィール
前園淳子さん
36歳と39歳のお子さんを持つ先輩ママ。
子どもの絵本専門店『エルマー』オーナー
日本子どもの本研究会会員
春日市子ども文庫サークル連絡会会長
子どもの本専門店 エルマー
住所/春日市春日原東町3-16
TEL/092-582-8639


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Question
最近、小学1年になる娘がお友だちを仲間はずれにしている様子を偶然見ました。すぐに注意しましたが、この先、もっと成長した時のことを考えると今から心配です。

Answer
 皆さんは『うさこちゃんとたれみみくん』という絵本をご存知ですか?耳がたれているために「たれみみくん」と呼ばれる転校生の気持ちを知り、勇気を出して「やめよう!」と言ったうさこちゃんには、いつも拍手を送りたくなります。私は、相手の痛みがわかる優しい心をもった子が増えれば、きっといじめはなくなると信じています。そのために必要な感受性と想像力を育んでくれるのが絵本です。
 「いじめ」は些細なことから始まり、その結果、尊い命が失われてしまうこともあります。今回、お子さんの変化に気付けたのは本当によかったと思います。大切なのは、ママがしっかりお子さんに関わり愛情を伝えること。そして、「もし、あなたがいじめられたらママはとっても悲しいよ」と相手の心の痛みを伝え抱きしめてあげるのです。「いじめちゃダメ!」という抑制では、不満だけが残り根本的な解決にはなりません。
 お子さんが「だって、いつも○○ちゃんは…!」と反発する時は『せかいのひとびと』という絵本を一緒に開いてみてください。「世界中にはこんなにいろんな人達がいるんだ!」という驚きとともに「肌の色、言葉も性格もみんな違うから面白い」と感じるはずです。そうやって友だちとの違いを認める心を育みましょう。また、いじめに関わる子ども達のリアルな心の変化を描いた『百まいのドレス』は、ママがお子さんに伝えたい大切なことがつまった名作。じっくり読んであげてください。 
 時にはわかってほしい一心で思わず手が出てしまうこともあるでしょう。その後は、しっかり抱きしめて愛情を伝えてください。等身大のママの想いはきっとお子さんの心に響きます。そして、1人でも多くの「うさこちゃん」が増えてくれることを願っています。

★人への思いやりを育みたいママへ★

『うさこちゃんとたれみみくん』
作・絵/ディック・ブルーナ
訳/まつおか きょうこ
福音館書店/735円(税込)



『百まいのドレス』
作/エレナー・エスティス
絵/ルイス・スロボドキン
訳/石井 桃子
岩波書店/1,680円(税込)



『せかいのひとびと』
作・絵/ピーター・スピア
訳/松川 真弓
評論社/1,575円(税込)


絵本のチカラ

  〜子育てをより豊かに〜
絵本を開けば見えてくる子どもの気持ち・・・
ママの悩みを解決へと導いてくれる絵本を先輩ママ前園さんがコーディネートします。

プロフィール
前園淳子さん
36歳と39歳のお子さんを持つ先輩ママ。
子どもの絵本専門店『エルマー』オーナー
日本子どもの本研究会会員
春日市子ども文庫サークル連絡会会長
子どもの本専門店 エルマー
住所/春日市春日原東町3-16
TEL/092-582-8639


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
Question
最近、子どもが下品な言葉や「うるせえ、だまれ!」といった荒い口調で話します。時には「ハゲ!」「デブ」など、じぃじやばぁば、ご近所の方にまで大声で言うので困っています。

Answer
 ある時期、子どもが汚い言葉を使うのは、今も昔も変わりません。癖になるのではと心配かもしれませんが、大丈夫!これは皆が通る道なんですよ。未就園児くらいの子どもは、言葉の意味や相手の気持ちを理解していません。覚えたての刺激的な言葉を使いたくてたまらないだけなんです。ママが怒るほどエスカレートしますが、そんな反発も成長過程の一つとして受けとめましょう。
 入園し、集団生活の中で他人を傷つけることを平気で言った時は、「自分が言われたらどう思う?」としっかり怒ってあげてください。汚い言葉をぶつけてきたら「ママ、悲しい!!とっても傷ついたよ!!」とちょっとオーバーに反応してみてもいいかもしれません。「ママを悲しませてしまった!」という気持ちは一番子どもの心に響きます。子どもの言動にイライラするよりも、むしろ自分のリアクションで子どもからどんな反応が返ってくるのか楽しむなど、プラス思考で接してみてくださいね。
 そして、絵本を通して心の落ち着く美しい言葉をたっぷり与えてあげましょう。特にママの愛情がこもった「感謝の言葉」は子どもにとって、とても心地良いもの。『ありがとうのえほん』は、日々の生活にたくさんの「ありがとう」があふれていることを教えてくれる素敵な絵本です。また、挨拶で友だちの輪が広がっていく絵本『こんにちは』など、一緒に声を出しながら繰り返し読んでみてください。スゥッと言葉が頭の中へ入り、次第に子どもの表情も変わってきますよ。「ありがとう」「こんにちは!」からたくさんの笑顔がかえってきた時、子ども達も汚い言葉からは何も生まれないことに気が付くはずです。流行語も一時的なものにすぎません。温かな思いのこもった言葉が子ども達の心に残っていくのです。

★素敵な言葉を伝えたいママへ★

『ありがとうのえほん』
作・絵/フランソワーズ・セニョーボ
訳/なかがわ ちひろ
偕成社/1,260円(税込)


『こんにちは』
作/中川 ひろたか
絵/ あべ 弘士
偕成社/1,050円(税込)


絵本のチカラ

〜子育てをより豊かに〜
絵本を開けば見えてくる子どもの気持ち・・・
ママの悩みを解決へと導いてくれる絵本を先輩ママ前園さんがコーディネートします。

プロフィール
前園淳子さん
36歳と39歳のお子さんを持つ先輩ママ。
子どもの絵本専門店『エルマー』オーナー
日本子どもの本研究会会員
春日市子ども文庫サークル連絡会会長
子どもの本専門店 エルマー
住所/春日市春日原東町3-16
TEL/092-582-8639


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
Question
見知りが激しい娘は、私の傍から離れず、他の子と一緒に遊ぼうとしません。少しでも離れると大号泣!来年は入園なのに、これで馴染めるのか不安です。

Answer
お子さんがママから離れないのは、愛情をたっぷり受けて育った証拠です。不安な気持ちはよく分かります。私の息子も人見知りが激しく、なかなか友だちができませんでした。一人でいるのが可哀想で、公園やサークルへ連れて行き、むりやり息子の手をひいて仲間の輪の中へ入れるのですが、すぐに息子は輪から外れて、また一人…。早く馴染ませたいと焦るばかりで、「一人で静かに遊びたい」という息子の気持ちは考えもしませんでした。けれども、入園後、泣きながらも次第に集団生活へ溶け込んでいく様子を見て、「皆と遊びたい!」と思う子どもの気持ちが大切なのだと気付いたのです。
 人見知りは、皆が通る道です。人と出会い、声をかけてもらい、集団の中にいることで少しずつ変わっていきます。『コッコさんのともだち』に登場するコッコさんは、いつも一人ぼっちです。そんな主人公がお友だちと出会い変わっていく様子は、お子さんに「自分だけじゃない」という安心感、人と触れ合う楽しさ、そして歩みだす勇気をくれるはずです。
 今、お子さんは、初めて自立への第一歩を踏み出そうとしています。寂しくて泣くことも大切な成長過程の一つです。この先、心配の種は出てくると思いますが、解決法はきっとあります。お子さんを信じ、笑顔で背中を押してあげることも親の愛情です。もし、お子さんの元気がない時は、手のひらに”にっこりマーク“を描いてあげてください。『てのひら』という絵本で、ママがゆみちゃんを笑顔にするとっておきのおまじないです。いつでも傍にママの存在を感じる温かな秘密の魔法。ぜひ、お子さんにもかけてあげてくださいね。

★入園をひかえた子とママへ★

『コッコさんのともだち』
片山 健/作・絵
福音館書店/840円(税込)


『てのひら』
瀧村 有子/作・藤田 ひおこ/絵
PHP研究所/1,260円(税込)


| 1/1PAGES |